Profile 金澤みやこ 地上天国を生きるために


愛と歓びで豊かに創造する、スピリットの地上天国へ!

シフト/エンライトメント(悟り)への道をシェアします!

  

Primal Memory Seed Crystal Atom Activator 

記憶の種原子クリスタル  プライマル(第1)アクティベーター

  大天使ミカエル 〜ロナ・ハーマン氏を通して2017年に告げられる。

プライマルアクティベーターとは?


金澤みやこ 

  • 大天使ミカエルQFM スピリチュアルスクールレベル123 認定ティーチャー   
  • スピリチュアルセミナー講師  ヒーラー・ソウルヒーラー   
  • アーキエンジェル・マイケル(大天使ミカエル)ロナハーマン氏メッセージを翻訳 
  • 鍼灸師(国家資格)
  • 私のハイエストセルフは、最高創造主(MC:Main Creator )のための最高評議会のメンバーであるArthepius、MCより直接生み出されMCと直接の相互関係にあるコンプリート*(*ワンネスではない)です。(このコンプリートのタイプは宇宙に数千、地球に500、日本に4〜5人いるそうです)エーテル界では「スピリチュアル世界へのクリアーな窓」と呼ばれ、地球ではスピリチュアルなワークと高次の存在としてのあり方をガイドし、高次元と繋がりながら目覚めているという美を示す。非常にパワフルなヒーラーだそうです 〜  (以上は、古代エジプト時代にハトホルとともに地球に降りたち、今世、地球に転生したセラフィム長であるエレスメさんより)

  • ソースと直接繋がっている。最高創造主の女性性であるシェヒーナ(根元の母)宇宙より来ているシェヒーナ評議会のメンバー。無限性と大いなる虚空(母なる子宮)つまり始源へのアクセスを媒介します。シェヒーナは全ての宇宙を超えるもので、全ての宇宙に光を下ろす。シェヒーナ宇宙にアクセスするには宇宙ほどのサイズの巨大なインターバルの存在の許可が必要になるが、シェヒーナ宇宙出身者はこれが可能です。(以上は大天使ラジエルの人間的顕現/ザラザイエル・ヨヴェル氏より)

 

 私の行う補助は、わたしと相手のスピリットと繋がり、ヒーリングのマスター(幾何学と色のスペシャリスト)が補助し、その人のスピリットとハイアーセルフによって共同で行われます。

 私のワークショップやヒーリングでは、本人のスピリットが望めば、受け手のボディやチャクラポイントの調整が、光の評議会の指示によって適切な時に行われます。結果的に、本人の本来の特性や役割が顕れてくるのです。

 地球のグリッドを活性化するクリスタル活性は、人類と地球の修復と癒しを助けます。

様々なチャネルソースによってその時々の必要なメッセージをお伝えします。

 

 私の役割は、スピリットとのつながりとその重要性を伝え、根源との一体性の至福に入るお手伝い、またこの世界でスピリチュアルなあり方のために必要な物質的顕現とのバランスもお伝えしています。ブロックとなっている個人の影に光が当たることが自然に起こることもあります。

 神と一つであることの霊感と喜びに向かうならば、その道の途中で常に「手放し」を許可していくこと、そうすれば天の王国、地上天国に住むことになるでしょう。喜びから美と創造の世界を生きる目覚めた者として生きることになるのです。

 

 

エンライトメント・悟りへの道が、アセンションです。今回の地球におけるアセンションとは、5次元にアクセスすることです。

 

今、私は、魂の望みを生きることを、ようやく理解する段階になっています。

これは、実際には深いレベルの解放を伴うものです。

 

2013年に覚醒の一瞥、ハートが開いた体験をしてから、悟りの過程をずっと辿っています。

一旦、覚醒の状態「ただ在る」を知ったなら、人は二度と以前の何もわからない状態に戻ることはありません。

自分の中の愛、尽きせぬ愛の泉が在ることを知り、愛に触れることができます。

その絶対の安心感を知ることは、喜びに生きるという意味を知ることなのです。

 

覚醒体験の次に、(スピリチュアルに目覚める段階のことではなく悟りの体験)古今東西の教えの根本を本当に理解する段階がやってきて、その後に、何かの職務を引き受けます。

 

しかしながら、その後、またまた、疑いがやって来るのです。

 

その素晴らしい体験の後に、さらに深く自分のエゴを知ることになります。そのお試しはより深いレベルでの許しを続けていくことになります。

 

元の愚か者に戻り、動揺や怒り、不満や不安、疑いを体験します。その一方で、真理も理解しているのです。

それは、人のボディに入っている広大なスピリットとして、魂の望みを生きる「奉仕」が本当の生き方なのだとわかっていても、本当にそうなるまでの「自分」という個を削ぎ落とす過程です。

 

今、私は自分という「個」ではなく、「魂」を生きる段階に入ろうと選択したのだということです。

内なるスピリットに問いかけ、今後私がやることへの質問への答えとして、ビジョンを受け取りました。数回質問して、同じものを受け取ったら、確信になります。

 

そのビジョンとは、私の波動が上昇して、第8チャクラが開いて光り、さらに上昇していくビジョンを観て感じます。それはつまり、魂の望みを生きるということなのだということです。(第8チャクラはソウル・スターなのです)

今やっていることを続けることは、忘却を解放し、エゴに代わってソウルスターに住む「魂の延長」が私を占有して「魂に満たされた/注入された人格」になることに続くのであり、ハイアーセルフやオーバーソウルを統合して5次元にアクセスする「魂に満たされたスピリチュアル人」への過程を進んでいくことで、「この世界にありながらこの世にあらず」という覚醒した人を生きることになる、ということなのだと、理解したのです。

 

このように、魂/スピリットが望むことを遂行していくことが、私という存在の今の段階の人生の導きであると理解しているところです。

 

※ 「魂に満たされた/注入された人格」。。大天使ミカエルの教え(ロナ・ハーマン氏)によれば、重要なアセンションプロセスのステップであり、実在を生きるために、より高次の4次元の魂の断片たちを統合していく段階。

 

 

金澤みやこ 略歴

●10代前半より、西洋占星術、四柱推命、易、数秘術などを独学で学び、20代から精神世界の人達と交流しタロットで沢山の人をリーディング。天使のこともこの頃より知っていた。

●14才のときイギリスのロックバンドQueenの歌で英語の発音を会得

●16才のとき聖書を読もうとするも1〜2ページで読めない。その後、夜中に大きな「バリトンの素晴らしい男性の声」を聴く。イエスキリストの話していたヘブライ語?大天使ミカエル?

●高校3年のとき兵庫県派遣のオックスフォード大学生が校長に働きかけてくれて、農家には苦しい負担であったが両親が大学受験を許可。塾なしで進研ゼミのみ、偏差値は最低ラインだったが大ラッキーなことに一般受験で関西学院文学部合格という奇跡を体験。(直感が強いので選択式の問題ができたらしい)

●関西学院大学 英文学科で近代アメリカ詩専攻。英語部活動のスピーチセクション在籍。カトリックの授業とウイリアムブレイクの詩と絵を通して、大天使ミカエルの存在を知る。

 ●鍼灸学校入学前、禅を日本に導入した栄西の夢を見る。鍼灸学校の授業で栄西が陰陽五行の「音で治療」をしていたことを知る。(この鍼灸学校時代、考古学者でトランスチャネリングする西洋史の教師に16才の時に聴いた声の言語は、イエスキリストが話していた古代ヘブライ語だろうということであった。)

 

●職歴 百貨店社員、ディスプレイデザイナー、販促デザイン会社、百貨店販売員、病院にてリハビリ科勤務鍼灸師、在宅リハビリ鍼灸に従事。病院では「癒しの声」と患者さんに言われていた。^^

●趣味 ものごころついた時からイラストや絵を描いていた。芸術一般に興味がある。バレエ、ジャズダンス、ピアノ、琴、声楽を習う。

●30代に子宮筋腫(大きくて手術を勧められる)、40才でパニッック障害を経験し、東洋医学とスピリチュアルなワークで改善に向かう。病気や症状、感情との関連を知る。

●2004年より父母の介護が始まり、遠方介護を含めて2019年まで定時の勤めができない、アルバイトもままならない日々を送る。豊かさについてのメソッドを学ぶ。

 

● 2008年よりスピリチュアルな仕事を開始、2013年3月からスピリットの導きに従いスピリチュアルな仕事を専門とする。2013年より現在のQFM認定ティーチャー。ロナハーマン氏の毎月のメッセージは原語で読まなければ理解できないと感じ、2011年よりラジオ英会話を毎日聞き、2014年から翻訳公開。

●2013年に覚醒体験。2014年ライトランゲージ・ボーカルとチューナーのサウンドヒーリングを知り、音のヒーリングに導かれる。

 

現在はドイツ、イタリア、フランス語を学びながら英語の学びを深め、翻訳・スクールのティーチャーとしてみなさんにお伝えすることに導かれています。

  

記憶の種子原子クリスタル プライマルアクティベーターの役割

 

大天使ミカエルより 

メモリーシード・プライムアクティベーターとは

 

 「メモリーシード・プライムアクティベーター」(訳注:プライム=主要な、首席の)という重要な能力を持つそのそれぞれの人が、その地で彼/彼女の幾何学パターンの特有の部分を供給する場所にいるように導かれました。

 これらプライムアクティベーターたちがこれらの聖地に行き、事前にプログラム済みの方法で、事前に設定されたレベルで、彼らの神聖な青写真の特有の要素を供給する時、クリスタルの記憶の種子原子が活性化されます。

 

 そうして時が過ぎて、他の人が彼らの種子原子の周波数を加えると「記憶の種子原子のクリスタル」がその光のパワーを拡大し始め、彼らの神聖な青写真をさらにもっと解放しますが、これは活性化されるのを待っている発源に、さらなるパワーとさらなるプロブラム済みのエネルギーパワーを、つまりさらに電磁ワットを加えるようなものなのです。

 

 それぞれの人が自分の「プログラムされた記憶の種子」のエネルギーを地球や他の魂に伝えると、そのお返しとして、彼ら自身も「記憶の種」のエネルギーアクティベーションの恩恵を受け取ります。このように相互のエネルギー交換が、ポジティブであろうとネガティブであろうと、常に行われるのです。

 

 これらの神聖な運び手は数多くいます。そして地球全体に存在する聖地を活性化すると、彼らの独自の波動パターンがそこに融合して混ざりあうのです。地球と人類のイベントは進行し、いよいよ重要なイベントが起こる時がきました。その重要なイベントは今や起こる寸前であり、地球のいたるところ、そして人類に、全ての活性化が起こる時となりました。

 

 ですから「プライムアクティベーター」たちは、彼らが持つ構成要素を加えるため、インスピレーションに導かれてこれらの場所に向かっているのです。彼らは、新しい水瓶座の時代ニューエイジ オブ アクエリアスへの、創造主意識の高次の周波数を注入するのです。

 ☆ ★ ☆ ★

 

サウンドヒーリング中の金澤みやこ。
サウンドヒーリングは、これからの代替医療になり得る可能性がある

 

 私は2002年より、ロナハーマン氏を通したアーキエンジェル・マイケル(大天使ミカエル)のWSに参加、同時期に最高創造主のためのアイン・ソフ評議会からきたザラザイエル(大天使ラジエル)に出会いWS受講などを通して、日々のワークを続け、スピリチュアルを学んできました。

 

 2016年に、ライトランゲージとマイケルの音叉と音のメソッドによるアセンシア・サウンドヒーリングを開発。

 誰でも確実にヒーリングできてなおかつその人のオリジナルになるサウンドヒーリングを広めることが、これからのヒーリングの手法になることを、私は予見します。

 

 しかしそのためには、大天使ミカエルの教えの中の「光・音・色」の3つの要素を理解して活用することが必須だと理解しています。

 

ある日聞こえた、大音量の美声

 

 17歳の夜、日本海側の実家で大学の英文科受験を目指していた私は、毎晩ラジオの短波放送でBBCなど英語の海外放送を聞いていました。枕の中に英語のカセットテープを入れて聴く、睡眠学習もしていました。

 そんなある日の夜、うとうとしている時、ものすごい男性のバリトンの低い声が聞こえました。決して聞いたことが無いほどの男性の美声で、大音量の声でした。抑揚のないお経のような、でも何か乾いた感じで、西洋の言語のように思えました。

 私は初めての体験に怖くなって耳を閉じ、それ以降はその声を聴くことはありませんでした。

 その頃、聖書に馴染み始めた頃でしたので、 イエスキリスト?それとも悪魔?どっちかわからず、耳を閉じてしまいました。(私は 透聴能力が 強いのかもしれません)

 

大天使ミカエルを見ていたウィリアム・ブレイクの絵 
Jacob's Dream by William Blake (c. 1805, British Museum, London)

 天使に導かれた

 塾にも行かずに独学で受験勉強した私が、まさにミラクルなことに、が西宮市上ヶ原にある関西学院大学に入学。そしてアメリカ近代詩のゼミのアメリカ人教授によって、ウィリアム・ブレイクという挿絵画家のことを知りました。

 ブレイクは大天使ミカエルが見えたのです。大学の図書館で、少年時代のブレイクが麦畑で「非常に大きな翼の人がやってくる」のをスケッチした絵が載っている本を見ました。

 それが大天使ミカエルだったのだと、大人になったブレイクは知ったとか・・・。

 

 社会人となって、2002年の6月、婦人科系の症状とパニック障害を体験した私は、ロナ・ハーマン氏の大天使ミカエルからのメッセージ「光の翼」の本に出会いました。

 鍼灸の専門学校生だった私は、それまでにもタロットや西洋占星術・手相・四柱推命などを独学で学んでいましたが、初めて、西洋のスピリチュアルな天使のワークショップに参加。そうして、本当に自分が求めているものが、そこにある事をワークを通して知りました。

 ワークと大天使ミカエルの教えを通して、私自身の変化と、健康と、人生の変容を体験してきました。

 

幸福な人生には、スピリットとの交流が不可欠。

誰もが、意識で、自分の世界を創造しています。

何かをするとき、神と自分をつなぐ聖なるスピリットに尋ねます。

スピリットは高次の叡智であり、全てにとっての最善をスピリットが決めます。

 

ハートへのアクセスが、悟りへの基本だと気づく。

  

・思考パターンと感情の反応への気づき、そしてエゴをなだめて管理下に置くこと

 アセンションとは、全てが意識であることに気づくことです。

奇跡がどんどん起こって行く展開を望むのなら、これらはどうしても必須。

 ハートにアクセスして、恐れのエゴ=偽物の自分に気づくと、そこからシフトの始まりです。

 

 

スピリチュアルな教えとワークの効果は、測り知れない

毎日の瞑想が、1日の質を変え、人生を変えて行く。

 アーキエンジェルマイケル(大天使ミカエル)の本:ロナハーマン著「光の翼」に出逢いました。

「これからは西洋医学と代替医療が逆転する時代が来る。光と音と色が、ヒーリングの主要な3要素になる」

 その本の中の言葉に惹き付けられました。

 その時のロナハーマン初来日のワークショップから継続して参加しました。

 

 婦人科の治療は、西洋医学では治らず、鍼灸だけでも難しい。

無限呼吸と5次元ピラミッドで自分を癒し、瞑想を習慣にすると、身体も心も楽になり、貧血が改善され、スピリチュアルワークの結果を体感。

 瞑想中、思考解放の瞬間をもつことで1日の質が全く違うものになり、感情の波に翻弄されなくなっていくのを経験してきました。それがマスタリーの本質なのですね。

 

ハートが開いた瞬間から、スピリチュアルな教えの理解が本当にやってきた。

 

  アーキエンジェルマイケルと、ザラザイエルのワークを続けたあと、奇跡のコースのワークを2年ほどやりました。その後福岡のジーニーさんのセッションでハートを開く体験し、ワークショップで至福を体験しました。(今も、奇跡のコースは読んでいます)

 

 AAマイケルのティーチャーとなって瞑想中に様々な体験を経ました。私のセッションでは、クライアントさんがハイアーセルフ(ご自身のスピリット)と繋がり、内なるアドバイスを受け取られたりします。

 セッショニストの波動は、一緒にいる人に共振をもたらす、ということのようです。もちろん、スピリットが、セッションの進行を導くのですが・・。

 

 

日本人は、グループになることでさらに大きく潜在的可能性を発揮する民族です。

 

 一人で学ぶ道、それはアセンションの道では大前提ですが、次の時代を顕現するためには、グループの学びと波動上昇も必要なのだと思っています。

 グループで共感しあって進んでいくには、個人の波動上昇が不可欠です。どちらも大事なのですね。

 ここに、日本に生まれた理由があるんだな、と、この歳になってわかってきたように思います。

 

 日本で生まれ育った精神性と、西洋の「セルフ」個人主義も、両方大事。両方が融合して行けば、次の新しい時代へ、活力を得た自由と調和のコミュニティを、この人生で創って行ければいいな、と思います。それが、私の本当の夢なのだと思います・・・。

 

あなたは、どうですか?

あなたの夢は、何ですか?

この人生で、あなたが望む、壮大な夢を見ても良いのではないでしょうか?

それって、いろんな学びがあるけれど、新しい時代を先取りして、人生に顕現して行ければいいですね。

共に、進んで行きませんか?

 

愛と感謝とともに 金澤みやこ

 

 


4コマ漫画  「聖なる帰還?」

パステル画/ 金澤みやこ Copy Right

4コマ漫画 「聖なる帰還?」 

笑いは波動を一瞬で上げます。この時代に必要なのは笑い。

わたしのハイアーセルフは、とってもユーモアがあっておもしろい!とよく言われます。

時々、わたしもすごく面白くなって笑ってしまうんです。

そんなときは、み〜んなどの魂も、光で、貴重な存在で、ワンネスだなあと思えます。

「聖なる帰還」をこんなふうに見せてくれるアルテピウスです。


無料メルマガをご登録ください。

ブログより内容が多く、お知らせが直接届きます。24時間申し込み可能です。


アーキエンジェル・マイケル

個人セッション

あなたの変容をヘルプする個人セッションはこちら



スクール・講座

 アーキエンジェル・マイケル 

クエストフォー・マスタリースクール

 

地球は5次元へ波動上昇しています。

私達も、意識の波動上昇が必要なのです。

 

スピリチュアルな筋肉をつけてください。

それが、あなたの波動を上昇させます。

 

日々の少しずつが、確実な道の歩みになります。

それが、この人生での最優先で必須のことです。